インプラントはどのような施術のことをいうの?

失った歯の機能回復手段にインプラント治療という選択肢があります。一般的な入れ歯やブリッジに比べ、インプラントとはいったいどうのような施術を行うのか、インプラントの特徴も併せてご紹介いたします。

人工の歯根を顎の骨に埋める施術

インプラントは顎の骨に人工歯根(インプラント体)を埋め込み、その上に人工歯を被せて噛む機能を回復させる施術です。インプラントは外科手術を伴うことが入れ歯やブリッジと大きく異なる点です。また見た目も美しいため、機能面と審美面を兼ね備えた治療と言えます。

インプラントのメリット

インプラントには、入れ歯やブリッジにはない特徴があります。インプラントのメリットはどのようなことでしょうか。

①他の歯に影響を与えない

入れ歯はバネをかける歯が、ブリッジは土台となる歯が必要です。噛むたびにこれらの歯に負担がかかり、将来的に歯を傷める可能性が高くなります。特にブリッジは支台歯となる健康な歯をたくさん削る必要があるため、健康な歯の寿命を縮めてしまうデメリットがあります。これに対し、インプラントは他の歯に影響を与えることなく治療を行うことができます。他の歯の寿命を縮めることなく、失った部分のみ治療を行うことができることは、将来の歯の健康を考えたうえでとても大きなメリットと考えられます。

②自然な噛み心地

インプラントは顎の骨とインプラント体を結合させることで噛む機能を回復させます。入れ歯は噛む力が弱く、ブリッジは逆に噛む力が強すぎて対合の歯を痛める可能性があります。インプラントは天然歯に近い噛み心地のため、しっかりと咀嚼しながらも対合の歯を痛める心配がほとんどありません。

③見た目が美しい

インプラントに被せる人工歯は、オールセラミックやジルコニアセラミックなど、審美性の高いものが選ばれます。また、患者さんの歯に近い色を選んで作製するため、見た目も天然歯とほとんど変わりません。

インプラントのデメリット

どの治療にもデメリットはつきものです。次にインプラントのデメリットをご紹介します。

①外科手術を伴う

インプラントの特徴のひとつである外科手術は、患者さんの状態により不向きなケースがあります。顎の骨の量が著しく少ない場合や、全身疾患により手術が難しいと判断された場合、インプラント治療ができない場合があります。入れ歯やブリッジは誰でも治療を受けることができますが、インプラントは手術が必要となるため、誰でも受けることができないことは、大きなデメリットです。

②自費治療となるため、高額な費用が必要

インプラントは、一部を除き自費治療となるため、高額な費用が必要となります。入れ歯やブリッジは保険適用となるため安価で治療できますが、インプラントは保険適用外のため、費用が高くなります。

③治療期間が長い

保険適用の入れ歯やブリッジは治療期間が短く、早い段階で噛む機能を取り戻すことができます。インプラントは顎の骨にインプラント体を埋め込んでから顎の骨との結合期間が必要となります。上顎、下顎そして部位や顎の骨の状態にもよりますが、人工歯を装着して治療終了まで半年~1年ほど必要となり、その間歯がない期間で過ごさなければならない場合があります。

④インプラント周囲炎に注意が必要

インプラント治療後で最も大切なことは定期的なメンテナンスです。メンテナンスを怠ると、歯周病に似た症状である「インプラント周囲炎」を引き起こす可能性があります。インプラント周囲炎になると、最悪の場合インプラントが抜け落ちる可能性があり、再治療が不可能になってしまうことがあります。入れ歯やブリッジは再治療や再作製がしやすい治療ですが、インプラントは再治療が難しい施術でもあります。日頃のケアやメンテナンスが面倒くさいと思われる方は、インプラントは不向きです。

それぞれの特徴を把握し、ご自身に合った治療を受けましょう

インプラント施術についてお話いたしました。インプラントは機能面でも審美面でも非常に優れた治療法であり、残った歯の寿命を考えてもとても良い治療と言えます。入れ歯、ブリッジの特徴と比較しながら、ご自身の状態に最も適した治療を選択するようにするとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です