歯の消しゴムとは?どのような症状の時に使う?

最近ドラッグストアや通販などで、歯を白くするグッズがたくさん販売されてるのを目にします。歯の着色や汚れが気になる方は、自然と目がいってしまうのではないでしょうか。歯の汚れを落とすグッズのひとつに「歯の消しゴム」というものがありますが、いったいどのようなものなのでしょうか。

歯の消しゴムとは

文房具の消しゴムは、鉛筆などで書いた文字を消すために使いますね。歯の消しゴム歯についたステイン(着色)を落とすために使います。販売されている歯の消しゴムは、先端がシリコンでできており、持ちやすいようにペンのような形になっています。先端のシリコン部分を歯に当てて表面をこすり、ステインを落とします。頑固なタバコのヤニなどは落ちにくいですが、飲食による着色はある程度落とすことができるようです。

歯の消しゴムでなぜ汚れが落ちるのか

ではなぜステインが歯の消しゴムによって落とすことができるのか、その仕組みを見てみましょう。

歯の消しゴムの先端はシリコンでできていると述べましたが、このシリコンには研磨剤入りの薬品を含んでいます。またメーカーにより、歯の消しゴムと薬品が別になっており、自分で薬品を消しゴムに含ませて使用するというものもあります。

歯の表面を削って歯の汚れを落とすわけではなく、シリコン部分に研磨剤入りの薬品を使って歯の表面をこすることでステインを落とす仕組みになっています。この薬品に含まれる成分は研磨剤のみのため、軽い汚れしか適用できないでしょう。歯の汚れやくすみ、ヤニなどを落として歯本来の色を取り戻す歯のクリーニングや、歯を真っ白にするホワイトニングのような効果はまずありません。歯ブラシで落としにくい部分に対し、この歯の消しゴムを使って落とすなど、あくまでも補助的なものとして考えたほうが良さそうです。

使いすぎに注意

軽い汚れを落とすことを目的とした歯の消しゴムは歯ブラシよりも小さくコンパクトなため、ポーチに入れて持ち歩くことができます。そのため手軽に汚れを落とすためには適していますが、歯の消しゴムの主成分は研磨剤であるため、ゴシゴシと強くこすったり何度も使うことで歯の表面を傷つけてしまう可能性があります。歯の表面に傷が付くと、かえってステインなどの汚れがつきやすくなってしまいます。歯の消しゴムを使う際には強くゴシゴシとこすらず、優しく磨くようにして下さい。また先ほども述べたように、あくまでも補助的なものとして使用するにとどめ、歯のクリーニングやホワイトニングで白い歯を手に入れるほうが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です