歯周病について解説!【症状・原因など】

歯を失う2大原因は、虫歯と歯周病です。歯は全身の健康を守るためにとても大切な役割を果たしますが、歯を失ってしまうと全身の健康に悪影響を及ぼします。特に歯周病は成人の約8割が罹患しており、生活習慣病のひとつと言われています。歯周病は高齢者だけでなく、若い人の罹患率が増えていると報告されています。では歯周病とはどのような病気なのか、症状や原因をしっかりと理解しておきましょう。

歯周病とは

歯周病とは、歯周病菌により歯周組織が炎症を起こす感染症です。虫歯は虫歯菌により歯が溶けてしまいますが、歯周病は歯周病菌により歯ぐきなどに炎症を起こし、やがて顎の骨を吸収して最終的に歯が抜け落ちてしまいます。またお口の中のみならず、全身の健康にも影響を与えることがわかっています。特に糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、妊婦の早産や低体重児出産などに深い関わりがあることがわかっています。

歯周病は中~高齢層だけのものと思われていましたが、最近では2~30代でも歯周病と診断される人が急増しています。

歯周病の症状について

痛みが出る虫歯と異なり、歯周病は痛みというものをあまり感じません。歯ぐきの炎症が主な症状であり、歯周病の初期段階ではまず歯みがきのときに歯ぐきから出血する、歯ぐきが腫れているなどの症状が見られます。これは歯肉炎も同じで、この段階で適切なブラッシングを行うことで改善が可能です。しかし歯肉炎が改善されず中度の歯周病になると、歯ぐきの炎症の他に歯ぐきが下がって歯と歯の間に隙間が生じる、口臭が強くなるなど、歯肉炎では見られない症状が出てきます。さらに症状が悪化すると顎の骨の吸収が進み、歯を支える骨がなくなってくるために歯がグラグラになります。また歯ぐきの腫れのため、噛むと痛みが出てくることもあります。そして最終的には歯が抜け落ちてしまいます。このように重度の歯周病になると歯周病を治すことは難しく、歯を失うのも時間の問題となるでしょう。

歯周病の原因とは

では歯周病の原因は一体何でしょうか。それは「プラーク(歯垢)」です。プラークは食べかすをエサにした細菌が、歯にネバネバとした白い物質を作り出します。これがプラークであり、細菌の温床です。そこに棲みついた細菌の中に歯周病菌の存在が認められると、歯周病菌が活発に活動して毒素を出し、歯ぐきに炎症を起こします。またプラークはやがて石灰化して歯石となり、歯にこびりつきます。歯石そのものはそれほど悪くありませんが、歯石は軽石のように穴がたくさん空いており、細菌が入り込みやすい状態です。そこへ歯周病菌が入り込むことで、歯周病が進行しやすい環境となってしまうのです。つまりプラークが歯周病の元凶となるのです。

歯周病の治療について

歯周病の治療は、適切なプラークコントロールと歯科医院での歯石除去です。歯周病はプラークが原因で引き起こされますが、毎日の適切なブラッシングでプラークの付着をある程度防ぐことが可能です。しかし家庭でのブラッシングだけではどうしてもプラークは落とし切れません。落としきれないプラークがやがて歯石となって付着するため、歯科医院での歯石除去が必要となるのです。家庭での適切なブラッシングと歯科医院での歯石除去が歯周病治療の基本です。またなかなか歯周病が改善されない場合、ジスロマックなどの抗生物質を服用して細菌を減らす「歯周内科」を行うこともあります。

歯科医院での定期検診をしっかり受けることが大切

歯周病は虫歯と違って痛みなく進行し、気が付けば歯が抜けてしまうという怖い病気です。歯周病にならないためにはプラークを溜めないようにすることが予防法となります。また歯科医院での定期検診を受けて歯周病の予防、早期発見および早期治療を行い、お口の中の健康を保つように心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です