ホワイトニング効果のある人の歯の症状解説!

歯を白く美しくするホワイトニングが人気を集めています。しかしどんな歯でも真っ白になるわけではありません。中にはホワイトニングの効果が出ない歯もあります。ではホワイトニングはどんな歯に効果があるのでしょうか。

ホワイトニングはどんな歯に対して効果を発揮するのか

ホワイトニングには、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングがあります。どちらも薬剤を歯に塗布して汚れを分解して汚れやくすみを取り除き、歯本来の色よりも白くします。ではどんな歯に対してホワイトニング効果を発揮し、白く美しく仕上げるのでしょうか。

①日常の飲食物

毎日の食事などで歯は少しずつ汚れていきます。その中でも特に着色の原因となりやすいものとして、コーヒー、赤ワイン、カレー、ミートソースなどがあります。白い歯が少しずつ茶色になり、やがて黒ずみに変わっていきます。

②タバコのヤニ

また嗜好物としてタバコがありますが、タバコは茶色いヤニが歯の表面に付着します。タバコのヤニは飲食物と違ってべったりと歯にこびりついてしまうため、歯が濃い茶色に見えます。タバコのヤニは日常の歯磨きではほとんど落とすことができません。歯のクリーニングでもきれいに落とすことはできますが、ホワイトニングを行うことで、より歯を白くすることができます。

③加齢による黄ばみ

年齢を重ねるにつれ、歯がだんだん黄ばんできます。これは歯の内部の象牙質の色素が年齢とともに濃い黄色~褐色へと変化するためです。色濃くなった象牙質がエナメル質より透けて見えることで、黄ばんだ歯に見えてしまいます。加齢による黄ばみはクリーニングよりもホワイトニングで改善することができます。

ホワイトニングを検討すべき歯の症状

上記のように歯の汚れは様々な症状がありますが、ホワイトニングをすべき症状は

  • 歯の着色
  • 歯の黒ずみ
  • 歯のヤニ

これらの症状の場合、ホワイトニングの検討はマストです。

【2017年】歯のホワイトニングのおすすめ人気ランキング!オフィス+ホームホワイトニング徹底比較!

ホワイトニング効果のない歯とは

ではホワイトニング効果の薄い歯、または効果のない歯についても説明します。

①セラミックなど被せ物

ホワイトニングは天然歯を白く美しくするため、差し歯を白くすることはできません。セラミックなどの被せ物よりもホワイトニング後の歯の方が白くなることもあり、全体的な色調バランスが悪くなる場合があります。ホワイトニング後にセラミックなどの被せ物の色が気になるときは、被せ物そのものを変えるしかありません。

②抗生物質による歯の変色

テトラサイクリン系抗生物質を服用することにより、副作用として歯の変色があります。この変色はホワイトニングで白くすることはできません。気になる方は、ラミネートベニアなどによる治療が効果的です。

③神経を取った歯の変色

神経を取った歯はグレーっぽく変色します。ホワイトニングで全く効果がないわけではありませんが、真っ白にすることは難しいでしょう。この場合、歯の内部を漂白する「ウォーキングブリーチ」という治療を行うことがありますが、必ずしも白くなるとは限りません。

ホワイトニングで白くできる歯の状態を知り、症状に合った施術を受けましょう

ホワイトニング効果のある歯についてご説明しました。歯の状態により、ホワイトニングでは白くできないこともあるため、ご自身の歯の状態を知って症状に合った施術を受けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です