歯のブリッジとは?【インプラントと比較】

ひどい虫歯や歯周病などで歯を残すことができなくなった場合、噛む機能を回復させる治療が必要になります。その機能回復手段のひとつとして、歯のブリッジがあります。ブリッジ治療とはどういったものなのか、インプラントと比較しながらブリッジの特徴をご紹介します。

歯のブリッジとは

ブリッジ治療とは、失った歯の両隣の歯を削って土台とし、橋を架けるように人工の歯を装着する治療法です。一本歯を失った場合は3本繋がった人工歯を、隣どうし2本失った場合は4本の人工歯を作製し、装着します。強度に優れており、噛む力が安定しています。また保険適用が可能なため、自費治療のインプラントに比べて費用を抑えることが可能です。

インプラント治療とは

インプラントは、失った歯の部分に人工の歯根を埋め込み、その上に人工歯を装着する治療です。自然な噛み心地や美しい見た目、そして他の歯に影響を与えない特徴がありますが、インプラントは顎の骨にインプラントを埋め込む手術が必要なため、顎の骨が薄い人や持病を持っている人はインプラント治療が難しい場合があります。

ブリッジの特徴

ではブリッジのメリットとはどのようなところにあるでしょうか。インプラントと比較しながらご紹介します。

①強度が高い

ブリッジは強度が高いことが特徴です。特に奥歯のブリッジは保険適用の場合、金属の素材(銀歯)になるため強度が非常に強くなります。ただし強度が強すぎることから対合の歯を痛めるリスクを持ち合わせます。インプラントの場合、人工歯はほとんどがセラミックやジルコニアが使われます。金属に比べて対合の歯を痛めるリスクは低いでしょう。

②治療期間が短い

ブリッジの治療はインプラントに比べて大幅に短い特徴があります。根の治療終了後、土台を形成して型取りを行い、出来上がった人工歯を装着します。技工所にもよりますが、1週間くらいで人工歯が完成するため、治療期間が短いことはメリットでしょう。インプラントの場合、インプラント手術から人工歯の装着まで3ヶ月~6ヵ月くらい安静期間を必要とするため、ブリッジに比べて治療期間が長くなってしまいます。

③誰でも治療が可能

インプラントは手術を行います。そのため一定条件が必要となり、場合によっては治療ができないことがあります。いっぽうブリッジは手術を伴わない治療のため基本的には誰でも受けることができます。ただし欠損部位や本数により保険が適用できない場合があるため、歯科医師の確認が必要です。

ブリッジの問題点

ブリッジの最大の問題点は、健康な歯をたくさん削ることです。健康な歯を削ることは、将来的に歯を失う大きな要因となってしまいます。歯はいちど削ると二度と元に戻りません。また噛むたびに土台の歯に大きな負担がかかってしまうことも問題点です。そして汚れが溜まりやすく、口臭の原因にもなりやすいなど、ブリッジにはいくつかの問題点があります。インプラントの場合、失った部分のみ治療を行うため、他の歯に影響を与えないことがブリッジとの大きな違いです。自費治療のため高額な費用が必要となりますが、残った歯のことを考えるとインプラント治療の選択肢も視野に入れる価値があると考えられます。

自分にあった治療の選択を

ブリッジの特徴を、インプラントと比較しながらお伝えしました。どの治療にもメリットとデメリットがあります。ご自身の口腔内の状態に合った治療を選び、残った歯を大切にするよう心がけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です