インプラントはどのような施術のことをいうの?

失った歯の機能回復手段にインプラント治療という選択肢があります。一般的な入れ歯やブリッジに比べ、インプラントとはいったいどうのような施術を行うのか、インプラントの特徴も併せてご紹介いたします。

人工の歯根を顎の骨に埋める施術

インプラントは顎の骨に人工歯根(インプラント体)を埋め込み、その上に人工歯を被せて噛む機能を回復させる施術です。インプラントは外科手術を伴うことが入れ歯やブリッジと大きく異なる点です。また見た目も美しいため、機能面と審美面を兼ね備えた治療と言えます。

インプラントのメリット

インプラントには、入れ歯やブリッジにはない特徴があります。インプラントのメリットはどのようなことでしょうか。

①他の歯に影響を与えない

入れ歯はバネをかける歯が、ブリッジは土台となる歯が必要です。噛むたびにこれらの歯に負担がかかり、将来的に歯を傷める可能性が高くなります。特にブリッジは支台歯となる健康な歯をたくさん削る必要があるため、健康な歯の寿命を縮めてしまうデメリットがあります。これに対し、インプラントは他の歯に影響を与えることなく治療を行うことができます。他の歯の寿命を縮めることなく、失った部分のみ治療を行うことができることは、将来の歯の健康を考えたうえでとても大きなメリットと考えられます。

②自然な噛み心地

インプラントは顎の骨とインプラント体を結合させることで噛む機能を回復させます。入れ歯は噛む力が弱く、ブリッジは逆に噛む力が強すぎて対合の歯を痛める可能性があります。インプラントは天然歯に近い噛み心地のため、しっかりと咀嚼しながらも対合の歯を痛める心配がほとんどありません。

③見た目が美しい

インプラントに被せる人工歯は、オールセラミックやジルコニアセラミックなど、審美性の高いものが選ばれます。また、患者さんの歯に近い色を選んで作製するため、見た目も天然歯とほとんど変わりません。

インプラントのデメリット

どの治療にもデメリットはつきものです。次にインプラントのデメリットをご紹介します。

①外科手術を伴う

インプラントの特徴のひとつである外科手術は、患者さんの状態により不向きなケースがあります。顎の骨の量が著しく少ない場合や、全身疾患により手術が難しいと判断された場合、インプラント治療ができない場合があります。入れ歯やブリッジは誰でも治療を受けることができますが、インプラントは手術が必要となるため、誰でも受けることができないことは、大きなデメリットです。

②自費治療となるため、高額な費用が必要

インプラントは、一部を除き自費治療となるため、高額な費用が必要となります。入れ歯やブリッジは保険適用となるため安価で治療できますが、インプラントは保険適用外のため、費用が高くなります。

③治療期間が長い

保険適用の入れ歯やブリッジは治療期間が短く、早い段階で噛む機能を取り戻すことができます。インプラントは顎の骨にインプラント体を埋め込んでから顎の骨との結合期間が必要となります。上顎、下顎そして部位や顎の骨の状態にもよりますが、人工歯を装着して治療終了まで半年~1年ほど必要となり、その間歯がない期間で過ごさなければならない場合があります。

④インプラント周囲炎に注意が必要

インプラント治療後で最も大切なことは定期的なメンテナンスです。メンテナンスを怠ると、歯周病に似た症状である「インプラント周囲炎」を引き起こす可能性があります。インプラント周囲炎になると、最悪の場合インプラントが抜け落ちる可能性があり、再治療が不可能になってしまうことがあります。入れ歯やブリッジは再治療や再作製がしやすい治療ですが、インプラントは再治療が難しい施術でもあります。日頃のケアやメンテナンスが面倒くさいと思われる方は、インプラントは不向きです。

それぞれの特徴を把握し、ご自身に合った治療を受けましょう

インプラント施術についてお話いたしました。インプラントは機能面でも審美面でも非常に優れた治療法であり、残った歯の寿命を考えてもとても良い治療と言えます。入れ歯、ブリッジの特徴と比較しながら、ご自身の状態に最も適した治療を選択するようにするとよいでしょう。

歯の消しゴムとは?どのような症状の時に使う?

最近ドラッグストアや通販などで、歯を白くするグッズがたくさん販売されてるのを目にします。歯の着色や汚れが気になる方は、自然と目がいってしまうのではないでしょうか。歯の汚れを落とすグッズのひとつに「歯の消しゴム」というものがありますが、いったいどのようなものなのでしょうか。

歯の消しゴムとは

文房具の消しゴムは、鉛筆などで書いた文字を消すために使いますね。歯の消しゴム歯についたステイン(着色)を落とすために使います。販売されている歯の消しゴムは、先端がシリコンでできており、持ちやすいようにペンのような形になっています。先端のシリコン部分を歯に当てて表面をこすり、ステインを落とします。頑固なタバコのヤニなどは落ちにくいですが、飲食による着色はある程度落とすことができるようです。

歯の消しゴムでなぜ汚れが落ちるのか

ではなぜステインが歯の消しゴムによって落とすことができるのか、その仕組みを見てみましょう。

歯の消しゴムの先端はシリコンでできていると述べましたが、このシリコンには研磨剤入りの薬品を含んでいます。またメーカーにより、歯の消しゴムと薬品が別になっており、自分で薬品を消しゴムに含ませて使用するというものもあります。

歯の表面を削って歯の汚れを落とすわけではなく、シリコン部分に研磨剤入りの薬品を使って歯の表面をこすることでステインを落とす仕組みになっています。この薬品に含まれる成分は研磨剤のみのため、軽い汚れしか適用できないでしょう。歯の汚れやくすみ、ヤニなどを落として歯本来の色を取り戻す歯のクリーニングや、歯を真っ白にするホワイトニングのような効果はまずありません。歯ブラシで落としにくい部分に対し、この歯の消しゴムを使って落とすなど、あくまでも補助的なものとして考えたほうが良さそうです。

使いすぎに注意

軽い汚れを落とすことを目的とした歯の消しゴムは歯ブラシよりも小さくコンパクトなため、ポーチに入れて持ち歩くことができます。そのため手軽に汚れを落とすためには適していますが、歯の消しゴムの主成分は研磨剤であるため、ゴシゴシと強くこすったり何度も使うことで歯の表面を傷つけてしまう可能性があります。歯の表面に傷が付くと、かえってステインなどの汚れがつきやすくなってしまいます。歯の消しゴムを使う際には強くゴシゴシとこすらず、優しく磨くようにして下さい。また先ほども述べたように、あくまでも補助的なものとして使用するにとどめ、歯のクリーニングやホワイトニングで白い歯を手に入れるほうが良いでしょう。

歯周病について解説!【症状・原因など】

歯を失う2大原因は、虫歯と歯周病です。歯は全身の健康を守るためにとても大切な役割を果たしますが、歯を失ってしまうと全身の健康に悪影響を及ぼします。特に歯周病は成人の約8割が罹患しており、生活習慣病のひとつと言われています。歯周病は高齢者だけでなく、若い人の罹患率が増えていると報告されています。では歯周病とはどのような病気なのか、症状や原因をしっかりと理解しておきましょう。

歯周病とは

歯周病とは、歯周病菌により歯周組織が炎症を起こす感染症です。虫歯は虫歯菌により歯が溶けてしまいますが、歯周病は歯周病菌により歯ぐきなどに炎症を起こし、やがて顎の骨を吸収して最終的に歯が抜け落ちてしまいます。またお口の中のみならず、全身の健康にも影響を与えることがわかっています。特に糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、妊婦の早産や低体重児出産などに深い関わりがあることがわかっています。

歯周病は中~高齢層だけのものと思われていましたが、最近では2~30代でも歯周病と診断される人が急増しています。

歯周病の症状について

痛みが出る虫歯と異なり、歯周病は痛みというものをあまり感じません。歯ぐきの炎症が主な症状であり、歯周病の初期段階ではまず歯みがきのときに歯ぐきから出血する、歯ぐきが腫れているなどの症状が見られます。これは歯肉炎も同じで、この段階で適切なブラッシングを行うことで改善が可能です。しかし歯肉炎が改善されず中度の歯周病になると、歯ぐきの炎症の他に歯ぐきが下がって歯と歯の間に隙間が生じる、口臭が強くなるなど、歯肉炎では見られない症状が出てきます。さらに症状が悪化すると顎の骨の吸収が進み、歯を支える骨がなくなってくるために歯がグラグラになります。また歯ぐきの腫れのため、噛むと痛みが出てくることもあります。そして最終的には歯が抜け落ちてしまいます。このように重度の歯周病になると歯周病を治すことは難しく、歯を失うのも時間の問題となるでしょう。

歯周病の原因とは

では歯周病の原因は一体何でしょうか。それは「プラーク(歯垢)」です。プラークは食べかすをエサにした細菌が、歯にネバネバとした白い物質を作り出します。これがプラークであり、細菌の温床です。そこに棲みついた細菌の中に歯周病菌の存在が認められると、歯周病菌が活発に活動して毒素を出し、歯ぐきに炎症を起こします。またプラークはやがて石灰化して歯石となり、歯にこびりつきます。歯石そのものはそれほど悪くありませんが、歯石は軽石のように穴がたくさん空いており、細菌が入り込みやすい状態です。そこへ歯周病菌が入り込むことで、歯周病が進行しやすい環境となってしまうのです。つまりプラークが歯周病の元凶となるのです。

歯周病の治療について

歯周病の治療は、適切なプラークコントロールと歯科医院での歯石除去です。歯周病はプラークが原因で引き起こされますが、毎日の適切なブラッシングでプラークの付着をある程度防ぐことが可能です。しかし家庭でのブラッシングだけではどうしてもプラークは落とし切れません。落としきれないプラークがやがて歯石となって付着するため、歯科医院での歯石除去が必要となるのです。家庭での適切なブラッシングと歯科医院での歯石除去が歯周病治療の基本です。またなかなか歯周病が改善されない場合、ジスロマックなどの抗生物質を服用して細菌を減らす「歯周内科」を行うこともあります。

歯科医院での定期検診をしっかり受けることが大切

歯周病は虫歯と違って痛みなく進行し、気が付けば歯が抜けてしまうという怖い病気です。歯周病にならないためにはプラークを溜めないようにすることが予防法となります。また歯科医院での定期検診を受けて歯周病の予防、早期発見および早期治療を行い、お口の中の健康を保つように心がけましょう。

ホワイトニング効果のある人の歯の症状解説!

歯を白く美しくするホワイトニングが人気を集めています。しかしどんな歯でも真っ白になるわけではありません。中にはホワイトニングの効果が出ない歯もあります。ではホワイトニングはどんな歯に効果があるのでしょうか。

ホワイトニングはどんな歯に対して効果を発揮するのか

ホワイトニングには、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングがあります。どちらも薬剤を歯に塗布して汚れを分解して汚れやくすみを取り除き、歯本来の色よりも白くします。ではどんな歯に対してホワイトニング効果を発揮し、白く美しく仕上げるのでしょうか。

①日常の飲食物

毎日の食事などで歯は少しずつ汚れていきます。その中でも特に着色の原因となりやすいものとして、コーヒー、赤ワイン、カレー、ミートソースなどがあります。白い歯が少しずつ茶色になり、やがて黒ずみに変わっていきます。

②タバコのヤニ

また嗜好物としてタバコがありますが、タバコは茶色いヤニが歯の表面に付着します。タバコのヤニは飲食物と違ってべったりと歯にこびりついてしまうため、歯が濃い茶色に見えます。タバコのヤニは日常の歯磨きではほとんど落とすことができません。歯のクリーニングでもきれいに落とすことはできますが、ホワイトニングを行うことで、より歯を白くすることができます。

③加齢による黄ばみ

年齢を重ねるにつれ、歯がだんだん黄ばんできます。これは歯の内部の象牙質の色素が年齢とともに濃い黄色~褐色へと変化するためです。色濃くなった象牙質がエナメル質より透けて見えることで、黄ばんだ歯に見えてしまいます。加齢による黄ばみはクリーニングよりもホワイトニングで改善することができます。

ホワイトニングを検討すべき歯の症状

上記のように歯の汚れは様々な症状がありますが、ホワイトニングをすべき症状は

  • 歯の着色
  • 歯の黒ずみ
  • 歯のヤニ

これらの症状の場合、ホワイトニングの検討はマストです。

【2017年】歯のホワイトニングのおすすめ人気ランキング!オフィス+ホームホワイトニング徹底比較!

ホワイトニング効果のない歯とは

ではホワイトニング効果の薄い歯、または効果のない歯についても説明します。

①セラミックなど被せ物

ホワイトニングは天然歯を白く美しくするため、差し歯を白くすることはできません。セラミックなどの被せ物よりもホワイトニング後の歯の方が白くなることもあり、全体的な色調バランスが悪くなる場合があります。ホワイトニング後にセラミックなどの被せ物の色が気になるときは、被せ物そのものを変えるしかありません。

②抗生物質による歯の変色

テトラサイクリン系抗生物質を服用することにより、副作用として歯の変色があります。この変色はホワイトニングで白くすることはできません。気になる方は、ラミネートベニアなどによる治療が効果的です。

③神経を取った歯の変色

神経を取った歯はグレーっぽく変色します。ホワイトニングで全く効果がないわけではありませんが、真っ白にすることは難しいでしょう。この場合、歯の内部を漂白する「ウォーキングブリーチ」という治療を行うことがありますが、必ずしも白くなるとは限りません。

ホワイトニングで白くできる歯の状態を知り、症状に合った施術を受けましょう

ホワイトニング効果のある歯についてご説明しました。歯の状態により、ホワイトニングでは白くできないこともあるため、ご自身の歯の状態を知って症状に合った施術を受けましょう。

歯のブリッジとは?【インプラントと比較】

ひどい虫歯や歯周病などで歯を残すことができなくなった場合、噛む機能を回復させる治療が必要になります。その機能回復手段のひとつとして、歯のブリッジがあります。ブリッジ治療とはどういったものなのか、インプラントと比較しながらブリッジの特徴をご紹介します。

歯のブリッジとは

ブリッジ治療とは、失った歯の両隣の歯を削って土台とし、橋を架けるように人工の歯を装着する治療法です。一本歯を失った場合は3本繋がった人工歯を、隣どうし2本失った場合は4本の人工歯を作製し、装着します。強度に優れており、噛む力が安定しています。また保険適用が可能なため、自費治療のインプラントに比べて費用を抑えることが可能です。

インプラント治療とは

インプラントは、失った歯の部分に人工の歯根を埋め込み、その上に人工歯を装着する治療です。自然な噛み心地や美しい見た目、そして他の歯に影響を与えない特徴がありますが、インプラントは顎の骨にインプラントを埋め込む手術が必要なため、顎の骨が薄い人や持病を持っている人はインプラント治療が難しい場合があります。

ブリッジの特徴

ではブリッジのメリットとはどのようなところにあるでしょうか。インプラントと比較しながらご紹介します。

①強度が高い

ブリッジは強度が高いことが特徴です。特に奥歯のブリッジは保険適用の場合、金属の素材(銀歯)になるため強度が非常に強くなります。ただし強度が強すぎることから対合の歯を痛めるリスクを持ち合わせます。インプラントの場合、人工歯はほとんどがセラミックやジルコニアが使われます。金属に比べて対合の歯を痛めるリスクは低いでしょう。

②治療期間が短い

ブリッジの治療はインプラントに比べて大幅に短い特徴があります。根の治療終了後、土台を形成して型取りを行い、出来上がった人工歯を装着します。技工所にもよりますが、1週間くらいで人工歯が完成するため、治療期間が短いことはメリットでしょう。インプラントの場合、インプラント手術から人工歯の装着まで3ヶ月~6ヵ月くらい安静期間を必要とするため、ブリッジに比べて治療期間が長くなってしまいます。

③誰でも治療が可能

インプラントは手術を行います。そのため一定条件が必要となり、場合によっては治療ができないことがあります。いっぽうブリッジは手術を伴わない治療のため基本的には誰でも受けることができます。ただし欠損部位や本数により保険が適用できない場合があるため、歯科医師の確認が必要です。

ブリッジの問題点

ブリッジの最大の問題点は、健康な歯をたくさん削ることです。健康な歯を削ることは、将来的に歯を失う大きな要因となってしまいます。歯はいちど削ると二度と元に戻りません。また噛むたびに土台の歯に大きな負担がかかってしまうことも問題点です。そして汚れが溜まりやすく、口臭の原因にもなりやすいなど、ブリッジにはいくつかの問題点があります。インプラントの場合、失った部分のみ治療を行うため、他の歯に影響を与えないことがブリッジとの大きな違いです。自費治療のため高額な費用が必要となりますが、残った歯のことを考えるとインプラント治療の選択肢も視野に入れる価値があると考えられます。

自分にあった治療の選択を

ブリッジの特徴を、インプラントと比較しながらお伝えしました。どの治療にもメリットとデメリットがあります。ご自身の口腔内の状態に合った治療を選び、残った歯を大切にするよう心がけてください。